« 9/16「世にも危険なパズル」 | トップページ | 9/18「はげの湯温泉」 »

2005/09/17

9/17「チャーリーとチョコレート工場」

やっと見に行くことが出来ました。 『チャーリーとチョコレート工場』
先日原作を読んでいたので、記憶はまだバッチリ! 映画になってウォンカさんの子どもの頃のことや父親との確執など加えられていたエピソードや、選ばれた子供たちのアレンジなどありましたが、邪魔になることなくよく出来ていたと思います。 チョコレート作りの天才、ウィリー・ウォンカの役がジョニー・デップだったのですが、やっぱりいいっす! 青白い顔にピンクっぽい髪の色でおかっぱ頭。 紫色の皮の手袋、たまにエレベーターにぶつかったりする所、最高! いいわぁ。 あ、でもやっぱりスパロウ船長の時の方が好みではあります。チャーリー役の少年もよかったよー チャーリーのお父さんもお母さんも○。 おじいちゃんもよかったーー ウォンカのお父さん役はクリストファー・リーだよ! 子供たちはね、最初に選ばれた食いしん坊の男の子はもっとおデブちゃんでよかったかも。それからガムの女の子とテレビばっかり見ている男の子に関しては原作読んだときにはその何がよくないのか、あんまりよくわかんなかったんだけど(既に私が病んでいるからかな?)映画ではガム噛むのはただNO.1になりたいためで、それ以外でも母親と二人何でも「勝たなきゃ!」のやな性格になっていて、わかりやすかったー 男の子もちゃんと今の時代に合わせてテレビというよりテレビゲームに夢中で、ハイテクオタクの知ったかぶりの嫌なガキになってたよ。 それから ウンパ・ルンパというピグミー族の工場で働く人々が! 一人何役なの?ってほど全てのウンパ・ルンパを一人の役者さん(ディープ・ロイ)がやってて すごーくインパクトありました。そこだけ見れば踊るマハラジャ、インド映画みたいだったよ。
ただ、すっごーーーく残念なのは チョコレートの川の質感。 一応76万リットルのチョコレートを使用したらしいけど、なんか水っぽくて、どろーり感が足りなかったなぁ。 泥水っぽく見えました。 もっとまったりしてて欲しかったー
とはいえ、帰りの車の中では板チョコを買って食べながら帰ってきたのだ(^^;) だって、だって食べずにはいられないよ!うんうん。 チョコレートは美味しいっす!で、図書館によって続きのお話である『ガラスのエレベーター宇宙にとびだす』も借りてきました。

しかし、昨日の朝から文鳥の具合が変。昨日の夜はちょっとましになっていたけど、今朝からも元気まるでなし。鳴かないのよねー
病院に連れて行ってみようかと思っています。 どうせ小国に行く予定だったから、熊本市内の病院ですが足を伸
ばしてみましょう。

じゃあね。

« 9/16「世にも危険なパズル」 | トップページ | 9/18「はげの湯温泉」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/5985370

この記事へのトラックバック一覧です: 9/17「チャーリーとチョコレート工場」:

» 10/8 「チャーリーとチョコレート工場」を観る [☆おぼえがき☆]
せっかくの三連休なので、イトコとレイトショーを見に行くことにした。前々から「頭文字D」を観ようと約束していたのだが、熊本では日本語吹き替え版しかなく、同じく気になっていた「チャーリーとチョコレート工場」を観に行くことに。ダイエー熊本店隣の「シネプレックス熊本」に行くことにしたので、晩ご飯を伯母の家で一緒に食べて、9時25分からの回を観ました。原作を読んだことも無く、ジョニー・デップが出るということくらいしか知らなかったけど、めちゃめちゃ楽しめましたちょいとネタパレですが、ウンパ・ルンパ族という人々と... [続きを読む]

« 9/16「世にも危険なパズル」 | トップページ | 9/18「はげの湯温泉」 »

無料ブログはココログ