« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005/06/30

6/30「なまり亭」

本当は7時過ぎから昨日借りてきたDVDを見ようと思っていたのですが、マシューTVの『なまり亭』に負けてしまったよ(^^;) だってあれ、面白いもんねー 一度、熊本代表で八代亜紀さんが出たけど、ちょっと上品すぎ(笑) やっちろなのに~ 今日もなかなか面白かった。ただ、陣内孝則さんがもーちっとばっか博多弁ばかまして欲しかったね~ ひよこっていうお菓子が東京土産と思われていることにびっくり。だって昔から福岡のお菓子って思ってたもんで・・・

しかし 今日も夕立。すごーく短時間。 そしてそれ以外はすごく天気いいのに、湿気はむんむん。からっとしてたら暑さもへっちゃらなのにねー 煎餅がしけない地域で生活してみたいものです。

あ、そうそう。もう6月終わったねぇ。6月だけでなく今年が半分終わったんだよー びっくり!
小学生の頃は1日も長いし、1年すぎるのが永遠のような気がしていたのに(笑)、短大の頃から時が流れるのが早い、早い!! びっくりするよねー もう明日で今週の仕事もお終い。 うーん・・・あっという間に年寄りだなぁ・・

じゃあね。

2005/06/29

6/29「デビルマン」

今日は『スターウォーズⅥ』を見ようかと思っていたんですが、ビデオレンタル半額の日だったのを思い出し、会社の帰りに寄って借りてきました。3枚借りたうちの今日見たのは『DEVILMAN デビルマン』です。
しゃ~ なんじゃーこりゃ。 もう115分が長くて、長くて・・・・
明に了のダイコンぶりにはもー どっかり。 んで、ミキちゃんのイメージがちがーーーう! あれはミキちゃんじゃなかばい。タレちゃんがいなーーい(笑) 最後に生き残ったあの2人がまぁかわいくて よかった。 ストーリーとかいつも思うけど、どうして原作どおりにしないのかなぁ? 見ていて本当に情けなかったです。 シレーヌもちょこっとしか出てこなかったし・・・・ホント、映画館にいかなくてよかったーーーーーーーと思いました。

今朝、すっごーくいい天気。 洗濯物いーーっぱい干して、化粧とかしてたら変な音。 外を見るとどしゃ降りだがねー あーあー。まぁ 雨が降るのは覚悟の上さ(笑) 結局その後はいい天気だったので ちゃんと乾きました。といっても湿気はすごいので じとーっとした感じは免れませんでしたけどね。 梅雨なので仕方ないかー。仕上げに乾燥機にかければいいんだろうけど、面倒なので(^^;)

何か書こうと思っていたけど、コンタクトレンズがかぱかぱしているのと、茶碗を洗わなくっちゃ~という焦りで思いつかない。 あ、そだ 今朝 ニフティから10周年ありがとーのメールが来ていた。 ほーほーほー そうなんだー

じゃあね。

2005/06/28

6/28「スターウォーズⅤ」

帰ってから見たいテレビが丁度無かったこともあり『スターウォーズ 帝国の逆襲』を見ました。
『ダイハード3』はまたの機会にね。
映画館で見たっきりだったので、新鮮。久しぶり見たので中身は忘れてしまってまして、あーそうかー ああやってハン・ソロは氷漬け(?)になったのかー とか、あのヒゲのおっちゃん、味方じゃなかったっけーとか。あ、このおっちゃんというのはハン・ソロの友達で裏切って帝国の味方を最初していた人ね。最後はこっちの味方になったわけだ。だからⅥではこっちの仲間になってたんだー なんて自分ひとり納得してるよ(^^;)
でもあんな寒い寒い星には行きたくな~い! かといってヨーダの星もむしむししてそうで 行きたくな~い! ヨーダがたったの20年でめっきり老けたのはあの湿気のせいで神経痛が悪化したのよ!つてヨーダは神経痛持ちか(笑)

しかし今日もぬっかったーーー 「ぬっかー」というと暑いプラス湿度が高いという感じが出るのは私だけ?もちろん方言なんでしょうけどね。 今日も事務所でクーラーつけちゃったです。 でも始終でなかったため汗ぐっちょりだよ。
今年の梅雨は変よね。こっちは空梅雨気味なのに、東北方面は豪雨。 特に新潟の方は地震に豪雪、またしても豪雨・・・・ なんて地球は意地悪なんだろう。

じゃあね。


2005/06/27

6/27「小さな戦士マッティメオ」

読み始めたばっかりで まだまだ10分の1くらい。でも読みたかったの、この本。2年前に出ていたのですが、図書館にやっと入ったので 借りてまいりました。 『レッドウォール伝説 小さな戦士マッティメオ』(ブライアン・ジェイクス著 徳間書店)です。 レッドウォール伝説のシリーズ3作目なのです。1作目は本屋で立ち読みして気にいり、図書館にリクエスト。 2作目もたしかリクエストして、3作目のコレは発売されていたのは知っていたけどリクエストが面倒で、いつかはいるさ、と思ってたら今になりました。

今日はねすっごーーく蒸し暑かった! 今まで会社の事務室はクーラー入れてなかったの。団扇片手に頑張っていたのだけど、今日はふと気付くと肩から背中にかけてアセモができかかっていたので、諦めてクーラー入れました。 しかしぼんくらクーラーなので、温度調整がうまくいかないのよねー こまめに、こまめに消したり点けたりしました。 しかし一回クーラーを入れちゃうとだめだなぁ・・・・ 風はすっごーーく強くてね、窓開けるとびゅーびゅーでもすごい湿気風。 梅雨だとはいいつつ、湿気は辛いね。雨が降ったらまだいいのだけど、雨はあんまり降らない。とーとー水不足が心配になってきたみたいだねー 参ったなぁ。

仕事、忙しい予定で 7時ごろまで残業かなぁと思っていたが、結局6時半には帰途につきました。 いいのか?それで。 家に着いたら『スターウォーズ エピソードⅤ』がテレビに流れていた。 そういえば この昔でいう所の2作目は映画館で見たっきりのような気がする。なので覚えているのは沼みたいな暗くてうっそうとした所でヨーダとルークが修行して、ハンソロが壁にへばりついて、雪の中での戦い・・・そんだけ(笑) こりゃー見直さなくっちゃだめだなぁ。 その後のⅥは4回くらい見てるんだけどね。
あぁ でも『ダイハード3』も早く見直さなくっちゃなぁ。 うーん、時間が、うーん、体力がぁ~~

じゃあね。

2005/06/26

6/26「銀のいす」

くー、なんでこんなに重いんだよ~ この書き込みのページを開くだけで5分近くかかりました。 もー光とかなんとかうらやましぃ~ 私のところはまだ来ていないし、来る予定もないので いつまでたっても最高に早いのでISDNなんですよ。あーあ。

今朝はすっごい雨に起こされました。 5時過ぎかな? 激しい雨音で目が覚め、飛び起きて窓やサッシを閉めてまわったので、その後、頭がずきずき。 それからまた寝て起きたのは10時前。でもすぐ横の窓は開いていたです。いつのまに開けたのだろう? 無意識かなぁ?

それから プールに行って、かえってすぐパーマ屋さんに。パーマする間に読もうと思って持って行ったのが『ナルニア国ものがたり 4 銀のいす』(C.S.ルイス著 岩波書店)またナルニアに戻りました。 今回の人間界の主役はユースチスとジル。ナルニアでは沼人の泥足にがえもん。カスピアン王がとても老人になった世界で、10年前にいなくなってしまったリリアン王子を探す話でした。 そっか、銀のいすはいい椅子ではなく、王子を魔法に縛り付けておく呪われたアイテムだったのかー またしてもさっぱり忘れてました(^^;)
地霊たちが不幸なままで終わるのはいやだなーと思っていたら、ちゃんと幸せになったのでよかったです。
しかし いい人なんだろうけど、泥足にがえもんが近くにいたらすっごーく気が滅入ってやだろーなー

さ、残すはあと1巻。でもこの週末図書館に行かなかったので、読むのはお預けです。代わりにレッドウォールを読もうと思っています。 あ、そうだ、昨日スターウォーズを見に行ったときに、ナルニアの前売り券を見ました。 あぁ もうすぐ見れるんだなぁ・・・ 今度行ったとき買っておこうかな。

じゃあね。

6/25「スターウォーズⅢ」

結局、昼寝の後思い立って映画に行くことにした。 それで急いで風呂と晩飯を済ませて、ダイヤモンドシティへ。
先々行上映の『スターウォーズ エピソード3 シスの復讐』を見てまいりました。
おーおー、これで話が繋がったわい。
これからはネタバレですので・・・・

ナタリー・ポートマン つまりパドメがあんまり綺麗ではなかった。議会に出ているときはさすがに美しかったけど・・・ それでもやっぱ好き。結婚のこと、赤ちゃんの父親のことを隠していると言ってたけど、あんな風に抱き合ってキスしたり、同じ部屋で寝起きしてたらバレバレじゃろーに。 まあ いいけどー
あと、アナキンがダーク面に落ちていく過程や、理由はよくわかった。でも、ダース・シディアスがしわしわ顔になった後 いきなりひざまずいて弟子になっちゃったのは??? まぁあのパワーを見せ付けられ、このパワーがあればパドメを救えるって思ったのかなぁ。しかし 結局パドメが死んだのはアナキンのせいだったんだよね。まぁそうなるように仕向けたダース・シディアスがうまかったんだろうけど。
これで銀河帝国ができたのだけど、帝国の支配は下々の者たちにどんな悪影響があるのかなぁ? 映画では全く描いていないので、共和国側が反抗しなきゃ戦争も起こらず、人も死なないんじゃ? なんて思ってしまいました。シスは少なくとも金儲けの欲を持って宇宙を支配したがっているわけではないようだし・・・

それから、C-3POは記憶、消されちゃったんだね。あいつ おしゃべりだもんねー だから最初にルークに会ったとき何にも知らなかったんだ。C-3POにとっても生まれ故郷の星だったのにね。

ヨーダは今回も大活躍だったね。 表情がいいんだ、ほんとに。
あと、アナキンにとどめを刺さなかったオビ=ワンだけど、あんなに苦しんでいるのに見捨てていくのもどーかと。よっぽど自分の手でとどめを刺して楽にしてやるべきでは? まぁ それしちゃうとダース・ベイダーが誕生しないから絶対にありえないんだけどね。とどめを刺す暇がないほどほかの何か切迫して起こっていた、みたいにした方がよかったんじゃないかしら?

と、まぁ 感想はこんなとこ?

じゃあね。 

2005/06/25

6/25「ボクを包む月の光」

あれ? 今日は『宇宙戦争』を見に行く予定だったのに、今調べてみたら6/29からになってるよ、上映。 ひゃ~知らずに行ったら大ボケするとこだったよー』

朝から22日にオープンしたゆめタウン八代に行って来ました。 まーあんなもんでしょう。 入っていた本屋さんに洋書のコーナーを発見! ついつい読めもしないのに眺めてしまいましたよ(^^;)
しかし 行く前からちょっと鼻がぐすぐすしていたのですが、どんどんひどくなり、終いには頭まで痛くなって、目がしぱしぱして さいってーの体調になって帰ってきました。 なので、買ってきたパンを食べた後、ぐーぐー昼寝していました。 起きてもやっぱり鼻水は止まってない・・・ 眼精疲労、もしくは肩こりから来る頭痛も出てきて、マッサージチェアーへ。 その後 ちょっと調子よくなったので ついつい買ってきた『ボクを包む月の光 -ぼく地球 次世代編』(日渡早紀)を読んでしまいました。 タイトルにもあるとおり『ぼくの地球を守って』の続きの話しです。亜梨子ちんと輪くんが結婚して子供ができて、その子供、連くんが主人公。 ああ 懐かしぃ! もちろん『ボク地球』を読み返したくなりました。 がー この前 天馬で失敗したので、手をつけるのが怖いです。 間違いなくノンストップで読みふけるでしょうから・・・・ そうしたらまた頭ズキズキ、お目目しぱしぱ、肩カチコチになっちゃうもんねー どうしてこんなにすぐ疲れるかなぁ・・・ あ、そうそう お目目を洗う「ロートフラッシュ クール」っちゅーのを買ってきたので試してみたら まぁーこれがクールもクール(笑) まぶたまでひりひりするぐらいで とても気にいりました。 続けて洗い過ぎるのもなんでしょうから、またお風呂に入った後にでも・・・・・ うふふ、楽しみじゃー

じゃあね。

2005/06/24

6/24「川べのちいさなモグラ紳士」

暑いネェ。天気もいーねー 全く梅雨じゃねーです。
ちょっと浮気してナルニア以外を読みました。 『川べのちいさなモグラ紳士』(フィリパ・ピアス著 岩波書店)です。ちょっと薄めの本だったので、一日で読めました。 17世紀のイギリスの王位をめぐる騒動に巻き込まれたモグラが主人公。彼は魔法で死なない体にされ、また違う魔法で喋れて人間の言葉もわかるようになったの。300年後の今が舞台。若すぎてすぐ離婚しちゃったお母さんから、生まれてすぐおじいちゃんおばあちゃんに預けられて育ったベットっていう女の子との交流を書いた話でした。
読みやすくてよかったー 単なる魔法の話ではなく、別れて育ったお母さんの元に引取られていく話とか、最近のの問題をさらりと絡めて書いてありました。 フィリパさんはもう85歳? すごいなぁ~ あ、でもフランクリンさんはいい人だったのか、それとも悪い人だったのか わかりにくかったなぁ。 私だけ? あと、「飼育場」って原文ではなんて書いてあったのかなぁ? なんかちっともしっくりきませんでした。 もうちょっといい訳はなかったのだろうか? モグラがなんであんなに嫌がるのかピンとこなかったなぁ・・・・ まぁ捕らわれて観察されるとなるといい気がしないというのはわかるけどね。


10時過ぎてホタルを見に山奥に行きました。 1匹もいなかったです。 かなし~ 時期ハズレなのかなぁ。
今年はホタル、失敗したなぁ・・・ 残念!

じゃあね。

2005/06/23

6/23「朝びらき丸 東の海へ」

帰りにモスバーガーに寄っていっぱい買ってきました。 全種類買ってみようかなぁと思って今朝ネットで調べたら、「匠十段」っていうハンバーガー、1コで千円! おぃおい。次の匠は880円(笑)
結局小心者の私は全種類などという野望は捨て、なんとなく食べたいものを買ってきました。3000円分くらい。あっという間に食べてしまいましただよ。

さて、一昨日から読み出した『ナルニア国ものがたり 3 朝びらき丸 東の海へ』(C.S.ルイス著 岩波書店)、読み終わりました。 今回出てきたのはルーシィ、エドマンド、カスピアン王子そして、いとこのユースチスです。最初はとっても嫌な男の子だったユースチスも竜になったあとはいい子になったネェ。 しかし・・・・この本はあまりお好みではなかった。多分最初に読んだときはそうでなかったのだと思う。でも今読むと、ダメだなぁ・・・・船に乗って未開の海に冒険をするのだけど、訪ねる島々に住む人達とかがあんまりなぁ。 好きな人も多いネズミのリーピチープも苦手だ。騎士道精神? えーと、そういうのがタメだー 最初に読んだとき 全巻購入しようと心に決め、この本も買って持っているのだけど、もし今読んでいたら多分ここまで気にいらなかっただろうなぁというのが正直な感想。 でもあと2冊なので読みますよー

そうそう、実は朝4時ごろ目が覚めて 雨音で眠れなくて起きてきてネットでモスのメニューとか調べていたんだけど、失敗したー! サッカー見ればよかったよ! ブラジルと引き分けだったけど、0点の引き分けでなく2-2。つまり4回もゴールシーンがあったのよね? くー それも相手は超上手なブラジル・・・・見慨があったろーになぁ、残念。

朝の重い梅雨空から、いつの間にかからつと青空。梅雨はどこさいっただかー?
まぁ仕事も明日行けば休み。週末は昨日オープンしたゆめタウンにも行かなきゃなんないし、このまま天気だとうれしーなー あ、その前に明日の晩は多分ホタル見に行くわよ! 今度こそは・・・

じゃあね。

2005/06/22

6/22「小春びより」

どうしてでしょう、22日はエラーで書き込めなかったよ~

朝のちゃりんこの時に読むマンガ、昨日あんなこと言ってたくせに、天馬を仕舞う時に見かけた『小春びより』(神坂智子)にしちゃいました(^^;)
とっても久しぶりです、このマンガ読むの。花とゆめに連載していた頃、シルクロードシリーズとかがんばってそろえるぞーと思っていたのですが、ダメねぇ、多分完全ではないです。特に最近のは買ってないなぁ。 あ、神坂智子さんのマンガといえばすごーく大ボケなことをしたことがあります、私。 というのが『T.E.ロレンス』というマンガを本屋でみかけて、「おぉ!アラビアのロレンスじゃー よんでみよー」と思って買ったのです。1冊790円もするの! で、読みました、上下巻。 なんかちーっと???ってところがあったものの、わからないのは自分がぼーっとしているからだろぉ と思っていたんですよね。 それから えーと、何年たったでしょうか? ふっと本屋の棚で見た「T.E.ロレンス」上下! がーん、この本は3部作だったんだ!!! 知らずに中巻飛ばして読んでいたよー あぁびっくりした。 結局購入したものの 実はまだ読んでいないのであった。はっはっはーだ。

じゃあね。

2005/06/21

6/21「天馬の血族」

あぁ とうとう読んでしまっちゃったよ! 『天馬の血族』全24巻(竹宮恵子)
毎朝ちゃりんこ漕ぎのときちょっとづつ読もうなんてあみゃー考えだったよ! 結局我慢できず昨日も読みまくっちゃったし、今朝も25分もチャリ漕ぎ時間取って(読みたいからです)、その上出勤ぎりぎりまで読んでいて、帰ってからも読んでました(^^;) 竹宮恵子さんの漫画、この天馬といい、「イズァローン伝説」といい、そいからなんだったっけ?ナイルの奴・・・・本当はとってもいい人なのに運命に翻弄されて 政治とかぐじゃぐじゃして、でも涙なくしては読めないよーのいい話、描くよねー ふぅ。 でも私は『私を月まで連れてって』が一番好きだな。 あ、次はまたそれを読もうかな? あれは1話完結なので 朝読むにはいいよねー きっと。

今朝はすごーくいい天気。梅雨ってどこ?って感じでしたが、だんだん曇ってきて夕方前には降り出しました。まぁ梅雨ですから、雨も降らなきゃね。

じゃあね。

2005/06/20

6/20「カスピアン王子のつのぶえ」

まだ読み終わった訳ではないのですが、今日読んだ本『ナルニア国ものがたり 2 カスピアン王子のつのぶえ』(C.S.ルイス著 岩波書店)です。この本の中のルーシィが眠れない時は無理に寝ようとしないほうがいい、(いちばんうまい眠りかたは、むりに眠ろうとしないことだということを心得ていましたから・・・・)っていう所だけ、記憶に残っていました。 それ以外はやっぱり忘れまくっていたなぁ(笑) 多分、この本を読んだのは高校の頃だと思います。調べてはいないけど、多分そう。 会社の昼休みだけでなく、家に帰ってからもついつい読んでしまいました。本当は一気に読みたかったけど、昨日の夕方から今日の午前中いっぱい頭痛してたので大事をとって、読むのをやめました。 と、いいつつ その後我慢できず、『天馬の血族』を3冊読んでしまったよ(^^;) 本当はこっちはもっともっと読みたいのだけど、すこーし目が疲れてきたので 我慢します。
とにかく夜中に目が覚めたときでもずきずきして、ひじょ~に辛かったのです。なので朝からサロンパスを3枚貼っちゃって会社に行きました。いい香りがしましたよー(笑)

この前言ってた卵黄コーヒー、飲みました。といってもミルクセーキをつくり、それに冷やしたコーヒーを加えるといったもの。 最初は不味かった! ただ、配合を変えたらおいしかったー 不思議なことに、ミルクセーキ8にコーヒー2の割合だと 飲んだ後にコーヒーの香りが口に残りとても美味しく感じましたよ! 逆にコーヒーを多くすると何故か飲んだ後卵臭さが口に残り、美味しくな~い!! コーヒーが多いからコーヒー味が強くなるようなのにねぇ。とっても不・思・議なのでありました。 しかし、わざわざミルクセーキ作って、わざわざコーヒー冷やして・・・・・までして飲む味ではなかったです。 今後たまたまその二つがあれば合わせて飲んでもいいわねぇって程度のおいしさでした。

じゃあね。

2005/06/19

6/19「レストアガレージ251」「しゃにむにGO」・・・

先日来ていたbk1でまだ読んでいなかった『レストアガレージ251』15巻(次原隆二)を読みました。車にはあんまり興味はないものの、人情話にはめっぽう弱く(笑)いつも「うっく」と涙しながら読みます。今回も「こんなうまくいくかよー」と思いながらも、良い話でした。
それから昼前に新しくbk1が届きました。 6冊届いた中に、お待ちかねの『しゃにむにGO』20巻(羅川真里茂)が! うーん、面白かったよぉ! 番外編みたく駿の話が2話あつたあと、いよいよの第3章。あの延っちたちがもう高3です。最終章と聞いて、えーーだけど、まだまだこれから長いそうですが・・・・
侵入部員、特にマネージャーがいいじゃん! 早く次の巻が読みたいよぉ(笑)

雨と思っていたら朝からちょー良い天気!梅雨は?と思っていたら3時半ごろズワーッと降ってきました。 まぁそのあとすぐ止んだけどね。 天気のせいなのか、単に眼精疲労、肩こりからなのかすっごーく頭が痛くなって、薬のみました。でもそのあとついつい「しゃにむにGO」を読み直してしまい・・・・治る訳無いよねー(笑)


あ、書き忘れるところだった。6/14に思い切って買った月と火星の土地1エーカーずつの権利書が今日届きました。これで私も大地主(笑)

じゃあね。

2005/06/18

6/18「愛のアルバム」

午前中、プールに行った。その時ラジオでコーヒーについての話があった。コーヒーミルで豆をひくという話を聞いて、私も十数年前にごりごり豆をひくことに憧れてコーヒーミルを買った事を思い出した。結局、豆をひくとふたが無いタイプのミルだったので、豆が辺りに飛び散ってしまうのが難ですぐ使わなくなっちゃったんだよねー ティッシュペーパーをかぶせてからひいたりとか色々したけど、粉を買ったほうが楽ばい、ということになり、コーヒーミルは食器棚の奥にしまいこんでしまいました。 ひきたてはの香りは格別なんだろうけどね。今は既にひいてある粉しか買わなくなっちゃいました。 それから、ラジオの話の中でコーヒーに卵黄を入れると美味しいとか言っていて、「げーーーーっ!」と思ったんだけど、よく考えるとミルクセーキにコーヒーを入れるようなものなので、それもありかな。いつか試してみようと思います。

プールは30分でバテてしまい、帰ってきてから図書館と食料の買出しへ。昼ごはんはミートソースのスパゲッティだったけど、今日のソースはよくできたー 自画自賛(笑) いつも入れないガーリックパウダーをちょっと入れて、トマトソースはこの前作って冷凍していた物を使った。うん、満足。

それからDVDを見ました。 この前3枚購入したの。 なんと1枚54円で! DVDだけでなくガム付です(笑) つまり食玩の一種になるのかな? カバヤ食品の「水野晴郎のシネマ館」という商品。多分元値はもう少し高いのだろうけど、安売りしてたの。 映画はとっても古いものばかり。10種類あったけど 名前だけでも知っていると言うのが4枚。でも買ったのの1枚は名前すらも知らない奴。それを今日見ました。
1941年の作品。60年以上前よ、すっげー 『愛のアルバム』っていって 白黒です。ケイリー・クラントとアイリーン・ダンが主演。 家を出て行こうとしている妻が、思い出のアルバム(レコード)を聞いて夫と出会った時のこと、結婚して特派員をしていた夫いる日本に行ったこと、そこで地震に遭い(もしかして関東大震災?)流産してしまったこと、それが元で子どもが埋めない体になってしまったこと、田舎で新聞社をはじめたこと、養子を貰うことにしたこと、生後5週間の女の赤ちゃんをひきとったこと・・・・・なんかをレコードと共に思い出していくの。
最初、アップルジャックっていう太ったおっちゃんが夫かと思ったので、思い出に出てきたロジャーって奴は日本に行く途中で死ぬのかなぁと思ったら違っていて、結局私の勘違い。結婚相手も、今から別れようとしている相手もロジャーだった。アップルジャックって人は家族同様に付き合ってきた出版責任者(だったっけ? 印刷技師やってる人)だったよ。この人、ぼそぼそ喋るけど、すごーく良い人。軽薄というか考え無しのロジャーよりよっぽどマシに思えました。まぁロジャーの方が顔はいいかも知れないけどね。 まぁそのロジャーも娘が出来てからはなかなかいい奴になったみたい。 あと、養子縁組を斡旋するオリバー女史がまたいい人でした。 赤ちゃんが初めて家に来た日の晩の様子は笑ったー 初めてお風呂に入れるときもね。 ただ、アメリカの赤ちゃんの入浴セットは楽でいいねー 日本には何故普及しなかったのかなぁ? 場所とって邪魔になるから? うーん・・・・仮の期間が終わって養子縁組が承諾されるかどうかの時に新聞社が潰れて収入なし。 その時のロジャーが判事さん相手に説得するところは結婚前後のあの考え無し男から随分成長してて ちょっち涙出ました。 じっさいどーだったんだ?その後彼はどうやって妻と赤ん坊を養って行ったとじゃろか? あっという間に5年経っちゃったもんね。
それから 夫婦が別れることになった原因の事件が起こるのだけど、その解決方法が私にはちょっち納得いかんだったです。 すぐ次が来て それでいいのかい? うーん・・・安易過ぎる気がしないでもないが、ま、いいかー
ヒロインのジュリーは綺麗ね。昔の女優さん!って感じです。
あと2枚はコメディとドラマ。(ちなみにこの映画は「ロマンス」とジャンル分けされてました) いつ見ようかなー

あ、また書き忘れるところだった! 昨日 Kさんに貰ったラスク、おいしかったーーーーー 本当にどうもありがとうございました!

さて、昼寝でもすっかなー(笑)

じゃあね。

2005/06/17

6/17「リリアとトレイズ Ⅱ」

書き忘れるところだった。 朝ごはん、ベーコンと卵としめじで炒め物して食べた。 うふふふふなのであった。

結局本を借りることに成功し、事務研に『リリアとトレイズ Ⅱ そして二人は旅行に行った 下』(時雨沢恵一著 電撃文庫)を持って行って読みました。 下なので続き、完結編なのですが、前の巻をうろ覚え(^^;)まぁ 大まかな点は覚えていたから話は繋がって意味は通りました。 でもやっぱり「アリソン」の2と3を読んでなきゃ面白さが半減する気がします。 本編もだけど、サイドストーリーの『メグとリリア』が気にいったかも。

事務研のときいつも一緒に食べるみおくんが仕事がたてこんで一緒にランチができなかったので 今日の昼は100円マック! チキンマックと杏仁シェークで200円で済ませました。 100円マックはとってもありがたいメニューだーと思っていたけど、さっきニュースで33億が1億に減収というのを読んで、あー、もうこのメニューが消えるのも時間の問題かなぁ・・・・と悲しく思っているところです。
ランチは一緒に出来なかったけど、ディナーを一緒に食べました。 明日が休みなので、折角熊本市内まで出ているので、みんなとご飯食べにいこーって言ってたのに、結局食べに行くメンバーが集まらず、みおくんとみおくんの友達で福岡からやってきたKちゃんと私3人でした。 メキシコ料理の店に行って食べたの。 「PLAZA DEL SOL」っちゅー名前の店でした。シーフードサラダやら、エビ料理やら・・・・ うーん、玉ねぎの生が無ければもっと好きなのだけどなぁ でも初めての料理が多く、行ってよかったよ。

帰りのJR、あと4分早ければ9時1分のに乗れていたのに、行った後だったので、30分待って乗りました。帰り着いたのは10時過ぎでした。 まぁ 明日は休みだしー のんびりするさ。

じゃあね。

2005/06/16

6/16「エイリアンvs.プレデター」

急に借りてきて『エイリアン vs. プレデター』を見ました。 「どちらが勝っても・・・人類に未来はない。」というコピーだったので、どーいうラストなんだろうと興味しんしんだったのに、なーんだ、プレデター良い奴じゃん! 顔は不細工だけどね。 エイリアンの方がスリムでカッコいい。でも あのヨダレたらたらはどーにかしてほしーよなー
「あぁ、こいつは死にキャラだなー」と思っていた男が結構最後まで残って、「あ、このねーちゃん、好き! テレシコワみたいたーい」と思ってたねーちゃんが1番に殺されちゃったよ。
あ、残念なことにビデオだったの。で、もっと残念なことに日本語吹き替え。結構メインな俳優のセリフがとても聞き取りにくくて、何回も蒔き戻しして見てしまいました。
まぁ あんなラストになるとは思わなかったけど、劇場で予告を見て、DVDになったら見たいと思っていた奴だったので見てよかったです。
じゃあね。

6/16「馬と少年」

順調に進んで今日は『ナルニア国ものがたり 5 馬と少年』(C.S.ルイス著 岩波書店)を読みました。借りた本はここまで。残りは土曜日以降だな。残念、自分ちにあるのは1つとばして「朝びらき丸 東の海へむだもんねー 明日は事務研なので丁度良かった。重くない文庫本を持って行こう。 うーん、何を読もうかな?
あ、その前に今日の本の感想。 主人公の少年、シャスタがきっといいとこの子ってのは最初から見当がついたものの、そこはまぁ物語の王道なので許す(笑) 2回目のはずなのに やはり何も覚えていないということがわかり、つくづく鶏頭に乾杯なのであった。はぁ~おめでたい人だ>あたし
でもいくら戦だとは言え、ばったばったと人を殺し、首をちょんぎるなんて野蛮だなぁ。もとはこっちの世界の子だったろうに・・・エドマンド王はさ。やっぱり狩猟民族の血なのかなぁ? とつまらぬところがひっかかってしまいました。 でも食べ物のシーンはよかったー シャスタが赤小人のところで食べた朝ごはん、ベーコンと卵ときのこの炒め物、トーストにバター、ご馳走ではないけど すっごーーーくおいしそうでした! 明日の朝はベーコンと卵とキノコの炒め物にしちゃおうかなー、野菜スープはやめて。(どうしても1品しか料理はしたくないらしい(笑))

今週は忙しい日が続いていたが、今日は元に戻ってのんびりとした日だった。戸締りをしなければならなかったので、みんなには5時半に閉めると言っていたら、5時15分にはみんな帰ってしまったので、予定より早く閉めて帰れてラッキー! で、したことは眠ることだった(^^;) いやー最近疲れちゃってねぇ。歳かねぇ。
明日は事務研の後に食事してだべってくるつもり。 帰りつくのは遅くなるだろうけど、楽しみためなのできっと大丈夫だろう。まさか寝はしまい(笑)

じゃあね。

2005/06/15

6/15「ライオンと魔女」

昨日からの続きで『ナルニア国ものがたり 1 ライオンと魔女』(C.S.ルイス著 岩波書店)を読みました。私が最初にナルニアに出会ったときの本は『ライオンと魔女と子どもたち』というタイトルだったの。この前調べてわかったのですが、この本はあかね書房から1冊だけ、前田三恵子さんの訳で出ていた本だったようです。だから 小学生の私はシリーズ物だと気付かなかったのでしょう。
今日読んだのは、瀬田貞二さんの訳です。ちなみに原題は「THE LION,THE WITCH AND THE WARDROBE」おぉ!リズム的には「ライオンと魔女と子どもたち」の方が近いのね! でも子どもでなくて洋服ダンスっちゅーのがいいじゃん! まぁ「いい!」と思うのは 中身を読んだあとだからでしょう。 洋服ダンスを抜けると、全く違う世界が広がるなんて、子どもの頃読んだときは本当にわくわくどきどきしましたよ! でも読む前、タイトルだけ見た場合は「えー 何? なんでよーふくダンスねー」と思っちゃうでしょうね、きっと。
この本はさすがに少しは覚えがありました。多分再読は2回目なんでしょう。それでも細かい所は全く覚えていなくて 新鮮に読めました。 映画化されるのはこの話よね? うーん、楽しみ。 あの悪い魔女は 「コンスタンティン」のガブリエル役の人だったよね。 うーん、楽しみ!
あ、そういえば『チョコレート工場の秘密』 (ロアルト・ダール)も映画化だってね。それもジョニー・ディップ! これも見に行かなくっちゃ! あ、本も読まなくっちゃね!

朝のちゃりんこ漕ぎのときの本、『天馬の血族』(竹宮恵子)を読み出しました。 しかしやっぱ1話読みきりでないので終わりがつらい。後引いて会社に行くのが遅くなりそ~(笑) 気をつけないとね!

じゃあね。

2005/06/14

6/14「魔術師のおい」

はーっ・・・ 晩御飯、外食したの。 6/17までのディナー半額券があったから、この前オープンしたツタヤの中にあるキッチン カフェ バンビーノに行ったのですが・・・・
はっきり言って不味かった。特にパエリア。あれじゃあパエリアでなくリゾット。 ご飯べちょべちょで、エビはぼろぼろ。味もちっとも美味しくなくて 時間ばかりたくさんかかって。ジャンボフライの盛り合わせも コロッケは爆発してたし、あーあー。まぁ半額なので許せるけど、これがまともな値段だったら腹かいてテーブルひっくり返しとったばい(笑) ただ、カフェシェカラートは美味しかった。 デザート杏仁プリンはまったりしていて、この前スイスというケーキ屋で食べたのよりも美味しかったです。 あと、BGMでバグダッド・カフェのテーマ曲だった「コーリング・ユー」が流れた、それだけでまぁ行ったかいがあったことにしよう(笑)
半額の時に食べ物を注文するのはやめたほうが良いというのに気付いてラッキーだった。 今度もし来るとしたらお茶しにであって、食事にではないな。うん。
口直しに帰りにファミマに寄ってお菓子買ってきた(^^;)

さて、今日読み終えたのは『ナルニア国物語6 魔術師のおい』(C.S.ルイス著 岩波書店)です。最初にナルニアに出会ったのは小学生の頃。でもシリーズ物とは知らず、残りを読むまで時間が空きました。シリーズを読み終わったのは多分高校生の頃じゃないかな? 大人になったら本、購入して揃えるつもりでしたが、いまだ2冊しか持ってません。なのでこの本は図書館から借りました。 今回再読にあたって時代順に読もうと思ったので、これからです。
アスランがナルニアを作っていくところは圧巻! 映像化したらすごいだろうなぁぁぁぁ 今度ディズニーが映画化するらしいけど、この巻ではないのでこのシーンはないんだろうなぁ。 いまどきのCGで大画面で見てみたい気もするけど、自分の頭の中の想像だけ方が良いのかもしれないなぁ うん。
最初に読んで随分たっているので ほっとんど何も覚えていなかった。だから新鮮に読めたけど、作者のルイスはこのナルニア国シリーズをキリスト教の信者として信仰心たっぷりで書いたっていうのを色々と聞いていてそして読んだので あー、ほー、ふーって感じでした。訳が瀬田貞二さん。なんか懐かしい感じでした。
早速次を読み出したので、明日は読み終わるかな。
読み終わるといえば、朝のちゃりんこの時読んでいた『紅茶王子』(山田南平)読み終わりました。やっぱり一気に続けて読むといいよなぁ。途切れ途切れ読むより断然良いです。 さて、明日からは何を読もうかなぁ・・・
あ、そうそう。ナルニアで金貨から金の木が生えて、銀貨で銀の木が生えたけど、アンドルーおじからアンドルーが生えなくてよかったよねー 鈴なりのアンドルーおじ、ぎゃーやめてくれーだよね(笑)

じゃあね。

2005/06/13

6/13「ギャラリーフェイク」

朝、4時55分、あまりにもうるさいスズメの声で目が覚めてしまった。とーとー我慢できず、窓を開けて壁をたたいてやった。でも それでも鳴き続けていたバカスズメ! もーうるさい、うるさすぎるぞ!
もちろんその後また寝たのだけど、参ったばい。
で、今日は仕事、忙しかったです。 珍しくずーっと夕方まで詰まっていました。めっずらしー

勘違いしていた、今日届いたbk1、「しゃにむにGO」は入ってなかったよ、とほほ。 だから迷わず『ギャラリーフェイク』32巻(細野不二彦)を読みました。 このマンガ、好きだったのに最終巻。かなしーーー
でもすっごく厚かったです。読み応えありました。 やっぱりいい。 読みながらぐっすんとくる話がいくつかありました。 最後はやっぱりモナ・リザかー でもサラを選んでくれて嬉しかったです。
さ、次は『ナッちゃん』15巻(たなかじゅん)読みます。このマンガも好き。 鉄工所のナッちゃん、頭使ってピンチを乗り切るのが気持い~~

じゃあね。

2005/06/12

6/12「やさしいアンドロイドの作り方」

昨日から読んでいた本が『やさしいアンドロイドの作り方 SFはどこまで現実になるのか』(福江 純著 大和書房)です。タイトル見ただけでわくわく! 「宇宙旅行はどこまで可能なのか?」とか「タイムマシンは可能なのか?」「ロボットはヒトの心がもてるのか?」なんてーことを今の科学とSFではこんなんあるよーみたいな感じで書いてあってね、好きだなぁ。 ただ、ちーっと残念なのはこの本、10年前に書かれているので、残念ながらちと古くなってたり、新しいSFの本に言及されてなかったり・・・・ まぁ しゃーねーです。 でも逆に本書で触れてあるとおり、科学力うんぬんより、社会や政治の力で随分変わってくるってのがより一層はっきりした感があります。「シンポジウム・ふたたび月へ-日本の月・惑星探査」で語られていた月面基地建設のプランはどーなってるんだろう? すごく気がかりです。
宇宙にね、すごーく行きたかったの。 まぁ今でも行きたい気持はありますよ。 たった数分間無重力を楽しむってんじゃなくせめてアステロイドベルトあたりまで(笑) まぁ生きている間にゃ無理な話ですがねー 宇宙で死ねれば本望なんですが・・・ そうそう、なんだったかなぁ?読んだ本?見た映画?の中で 死んだ宇宙飛行士の亡骸をなんとか地球に戻してやろう!みたいな話が出てきたのだけど、それを見て(読んで?)それって本当に死んだ人の本当に望んだこと?って思ったの。宇宙飛行士になるくらいの人なら 死んでも宇宙にいたいんじゃないかなーなんて思ったんだけど、違うのかなぁ? まぁ人それぞれか。 好きな人が地球に居るとかならやっぱ帰りたいと思うのかな? 中に紹介されていたSFの本、映画、漫画、アニメ・・・・・うぉー読んでみたい!見てみたいぞー!
特に読みたいと思ったのが『永遠の終り』(アイザック・アシモフ)こりゃーなんとかせにゃならんばい。 アシモフの時間物だなんて!それを読んでいない自分に腹が立つわ!しかし、学生の頃と違って社会人になってから回りにSF読む人がいないのよねー 一緒に映画に行く水俣の友達と福岡に住む弟くらい。さみしー 本の貸し借りが出来ないのが 一番辛いよね。 利用している図書館はSFめちゃ品揃え悪いの。あ、ありがたいことにハヤカワのSFシリーズJコレクションを揃えてくれてるのはすっごーく嬉しいのだけど! やっぱり自分で買うしかないのかな? でも文庫本も高いしなぁ(ハードカバーなんてとても、とても) 地道に古本屋巡りかな(笑)
今日、ツタヤにDVD返しに行ったときに文庫本眺めていたら、ホーガンを読みたくなりました。 あぁ読みたい本はいっぱいいっぱいあるのに、時間がない、体がもたない(笑)、本が手元ありにゃしない(爆)
さしあたって 今日さらに手をつけたのは別の本。明日発表します。

そうそう、bk1が届きました。 まず読んだのは『ダブル・フェイス』6巻(細野不二彦)です。マジシャンのDr.WHOOと街金のダメ営業員春居筆美の二つの顔がいいざんす。でもやっぱ、金借りちゃダメよ。ある範囲で動くべき。 そうそう、この本の帯で知ったけど、ギャラリーフェイクが完結してたんだ!ぐーっ、知らなかった。残念]!好きだったのにー もう注文済みなので多分明日辺りには届くはず。 早く読みたいよ~
あ、でも一緒にしゃにむにGOも届くのよね。どっち先に読もうかなぁ ワクワク

でもまぁ まずは今日届いた残りのを読まなくっちゃ。 『エンジェル・ハート』15巻(北条司)『P女子寮のネコである』4巻(とみさわ千夏) を読んだら寝よ~っと!

じゃあね。

2005/06/11

6/11「バレエ・カンパニー」

先週ツタヤで100円で借りてきたDVDで残っていた『バレエ・カンパニー』を見ました。誰が主役の映画って言うわけでなく、実在のバレエ団の裏舞台をドキュメント風に撮った映画なのかな? バレエのシーンはとてもよかった。でもその合間の映像はスタッフ会議(?)と練習シーン以外は画像が暗くて、誰が誰だかわかんなくって いまひとつ。 私、夜とかの暗いシーンがとっても苦手。 テレビのせいか、自分の目のせいかわかんないけど、何が映っているのかよくわからなくて 嫌いなのよねー 明るい画面にしてほしいよー
でもバレエシーンがある程度見れたからよしとしよう(笑)特にLIGHT RAINという舞台のシーンがよかったです。(チャプターで見たらそういうタイトルが付いていた) ああいう体のラインや動き、すごーく艶かしかったり、体が固まっているのにでも流れるような動きとかすごいなーーーと思います。 あぁ あの手の仕草1つでいいから身についていたらどんなにいいでしょう、と超ガサツな私は思うのであった(笑) でも最後のブルースネークとかいう舞台はあんまりよく思えませんでした。 あれで終わったので 「え?」って感じ。 うーん、。。。。 まぁいいか。 見ていたらまた『フラワー・フェスティバル』(萩尾望都)を読みたくなっちゃいました。 バレエのマンガではあれが一番好き。 時間があるときには『アラベスク』(山岸涼子)も読み返したりするけど、今日の気分は『フラワー・フェスティバル』だなー
でも、まずは『封神演義 』を読み終わらなくては! 本のほうでは貧しい農家の子で、捨て子になっていたヨウゼンがマンガでは通天教主の子供って設定になっていたのはちょっとがっかり。 私はあのさらっと流されていたけど、でもきっと本物の(編訳ではない)小説ではきっと何かあったであろう(と勝手に想像している)ヨウゼンの実の親のところに寄るエピソードが好きだったのになぁ。
とにかく今日中にマンガの『封神演義 』、を読んでしまおーっと!あと8冊だ!

そうそう、午前中買出しに行った帰り、なんとイタチを見ました。私の車の前をダーッと横切って行ったのだ。 おいおい、真昼間だよ、何やってんだよー いくら屋根裏でごそごそしてうるさいと思っても、車でひき殺したりするのは やだからねー しかしまぁびっくりしました。 本当に田舎に住んでるんだなー、私。とつくづく思いました。


ジャーン!
読み終わったぞ、マンガ版『封神演義 』22時40分過ぎです。すっごーいアレンジでありましたなぁ。チュウオウが滅んでも4冊くらいあったので、どうやって話を膨らますんじゃ?と思ったらまぁまぁ、ジョカが宇宙人だったとは。というか、ジョカが地球を作ってたってのはすげーですなぁ。ダッキも最後は良い人ですかー
まぁ 私が読んだのもオリジナルってわけではないだろうし、こんなアレンジもありかな、と思いました。
ちゃんと話を終わらせきって、偉いです。

じゃあね。

2005/06/10

6/10「セプティマス・ヒープ」

6/8から読み始めていた『セプティマス・ヒープ 第一の書 七番目の子』(アンジー・セイジ著 竹書房)を読み終えました。中国古典物からいきなりの西洋風ファンタジーです。ハリー・ポッターが大当たりしたためね本当に以前と比べるとファンタジーの量が増えて 色んな本にめぐり合えて嬉しい限り。 ハリ・ポタはそこまで大々大好きではないのだけど、大々感謝はしております。
で、この本。なかなか面白かった。 ぱっと見た装丁はいいのだけど、挿絵は残念ながら微妙に好みからずれて、好きではなかった。タイトルにもなっているセプティマスは物語の始ってすぐに死んでしまったのに、なんでこんなタイトル?と思いつつ、あまり気にかけずにいたらどーして! そのカラクリに気付いたのはもう後半も後半 私のドン臭さもそーとーものである。 でもそのおかげで、早いうちにネタバレすることなく楽しめました。
サイラス・ヒープのせいかくがあまり好きではなくて、最初はちょっと乗り気ではなかったの。でも超越魔法使いのマルシアはなかなか好き。最初こいつはバカか?と思った少年兵四一二号もゼルダんところに行って過ごすうちにだんだん良い奴になって来たので 良し(笑)
自分がドン臭かったおかげで、謎が解ける部分は快感。初代超越魔法使いのホテップ・ラーの竜の船まで出てきてさ、続きが楽しみよね。 おまけみたいに付いている後日談がまたいい。私、こういうの好きだから。
しかし、なんで闇黒魔法使いのドムダニエルはともかくマルシアが健在なのに全能守護者が幅を利かせているのか、そこがよくわからなくて納得できなくて、最初のうちしっくりこなかった理由でもあるのよねー。
ゼルダの飼い猫、バートがいいねぇ。なんてったって湿地向きにアヒルの姿に変えられているんだもん!

そうそう、先日のサッカー、北朝鮮戦ね、BS1でも放送していたってね。今日知ったよ~ 残念!知っていたら絶対BSで見たのに。 私、スポーツ放送は断然NHK派なの。 淡々とした実況が好き。 民放はうるさすぎで! アナウンサーの絶叫も、解説者の買いかぶった解説も好きではないのよねー あんまり酷いときは音、消して見てやろーか!って思うくらい(笑) 地味な実況、ちょっとした裏知識、ルールや技の説明・・くらいでいいのよね。とにかくワイドショー的なものは嫌い。 だからドイツのワールドカップ、放送はどこがするんだろう? やつぱり民放かなぁ?地味な実況もしてほしいと切に願うのでありました。 アイドルや俳優のリポーターもいらないよー

今週は今日で仕事終わり。 なんだか先週を思うと短かったー さ、明日と明後日何しようかなー 食料の買出しや図書館には行くけど、後はのんびり家でDVD見たり、マンガ読んで過ごそうかな。 マンガの「封神演義 」ももう13巻。あ、bk1にも注文したから、もしかしたら休みのうちに届くかも! そしたらそれも読まなくっちゃね。今日から入梅もしたみたいだし、うん、のんびりびりびりしよーっと(笑)

じゃあね。

2005/06/09

6/9「犬ぐらし」

みおちゃんから借りて『犬ぐらし』(遠藤淑子)を読みました。 遠藤さんのマンガ、好き~ 決して上手だとは思わないけど、でも味のある絵を描くし、お話がほのぼのして、じんわりして、好きだなー
今はもう買っていないけど、前は花とゆめをずっと読んでいたので、わりと早い時期から遠藤作品は読んでるはず。 そういえば花とゆめはもしかして創刊号を立ち読みしたかもってくらい昔から読んでいました。気のせいかな? 少なくとも中山美穂が花とゆめのモデルやってる頃、既に読んでいました。 途中ずっと購入していたのですが、読むマンガが少なくなって買うのやめました。 付録、好きだったのにな(笑)

そうそう、今日ね珍しく会社の窓口でお客さんの相手をしていたとき、書類を取ろうとふりむいて動いたとたん、カウンターの下に右足のかかとのちょっち上のしわしわの部分を引っ掛けてしまい、いてーいてー!! 笑ってごまかしたものの、お客が帰って見てみたら流血の惨事になってたーーー!ぐっすん。 痛かったよ~ というか今も痛いし・・・ たまたまそのちょっと前の暇な時間にカウンターの戸棚を見ていたら マキロンがあったの。それを思い出してすぐ消毒しました。 有効期限は2003年となっていたので「お、わりかし新しいぞ!」とシューッパッしました。
家にあるのはもっともっと古かったので(笑)

あ、一昨日、「ヨウセンが楽しみ~」って書いていたけど、もう既に登場してた。 ダッキに化けてなよなよしていたキャラだったよー ぐわっかり(笑) まぁそれでも面白くて、読んでます。今9巻の終わり方。 テレビでは島男やってる。うーん、どっちみようかなぁ。 幸せな悩みだなぁ
じゃあね。

2005/06/08

6/8「Wカップ予選」

おー、勝った、勝った!
久しぶりにちゃんと点を取って勝ったのでよかったです。
なんさま日本は点ば取りきらんけん、テレビで見るときはぶーぶー ぎゃーぎゃー言いながら見てます。 「日本、下手すぎー」って(笑) しかし、前半はホントにてろてろしやがってーって自分は全然サッカーなんて出来ないくせに口ばっか(^^;) なんてタチの悪い観客でしょーねー
まぁ とにかく勝ってよかった。 これでドイツ。 楽しみです。 Wカップに出てくるチームは上手なところばっかりなので、もし仮に日本が出て無くても見る価値はあるのだけど、でもやっぱ日本が出たほうが面白いですよね。
しかし、最後の最後にレッドカード。もし 北朝鮮で戦っていたら また暴動だったろーなーと思いました。

さて、今からお風呂に入ったら、マンガの封神演義 を読もうと思ってます。
ヨウセンってどんな絵かなー楽しみ!
じゃあね。

2005/06/07

6/7「封神演義 下」「ポワゾン」

とうとう読んでしまいました。『封神演義 下 降魔封神の巻』(許 仲琳著 渡辺仙州編訳 偕成社) 正確には最後に付いていた人物辞典は読み終わっていないのですが・・・・・ なんてったって53ページもあるんだよー!(笑) 登場人物の中ではヨウセンがいいなー なんてったって「三つの目を持つ美青年」だもんねー 最後まで活躍するしさ。 マンガではどんな絵になってるんだろー まだそこまで読んでいないので、楽しみ!
最後の方で実の両親にこっそり会いに行くシーンがあるのだけど、幻術をキョウシガを助ける以外に使ったら仙界の厳罰を受けることになるって師匠に言われていたので、もし彼がついつい親を助けるために禁を犯したらどーしよーとびくびくしながら読んだのにどーってことなかった。 思わせぶりな前振りだったなぁ(笑)
しかし、女媧には呆れた! 自分がダッキをチュウオウの元にやって罰しようとしたのに、「おまえたちの行いには目にあまるものがある。キョウシガに首をはねてもらおう」だもんねー そりゃひどいよ。目に余る前にやってきてダッキを止めりゃいいじゃん、ねーーーーー 一番の悪人だと思うなー あのシーンを読んだときは びっくりしちゃったよ!

で、夜は『ポワゾン』見ました。この前100円で借りてきたDVDです。しかし このタイトル、「ポワゾン」ってフランス語? でも表記はPOISONポイズンだよね? で、原題は「ORIINAL SIN」原罪ですってー
なんだかなぁ・・・・ あ、そうそう この映画は18禁だったの。でも、ん?って感じ。それほどまでエッチくはなかったような・・・・ベッドシーンも1回だけだったしネェ。 アンジェリーナ・ジョリーの胸は綺麗だったなぁ。 でもアントニオ・バンデラスのもしゃもしゃはつい「泡立ちよさそー」と思ってしまいました。 DVD見る前に「さんま御殿」見たからだと思います。間違いない(笑)
ストーリーは2転3転でなかなか。でも 最初に出会ったとき アンジェリーナが自分の事を美人と言い切っていたのにはひっかかっちゃったよ。 彼女は魅力的だとは思うけど美人ではないと思うな。美人というには唇があまりにも・・・コーヒーの会社経営で、お屋敷内には召使がいっぱい。 この前読んだ「レディ パイレーツ」を思い出してしまいました。あの召使の人達もアフリカから連れてこられたのだろうか・・・とね。
死刑囚になったアンジェリーナの告白ってことで話がすすんでるんだーと途中で気付いたけど、最後はまた! モロッコかい、やるねー
モロッコにも、キューバにも行ってみたい。

じゃあね。

2005/06/06

6/6「封神演義 中」

『封神演義 中 仙人大戦の巻』(許仲琳著 渡辺仙州編訳・偕成社)を読んじゃいました。いやー、次から次に仙人やら道人やら色々と出てきますわ。 マンガも読みつつなのでなかなかわかりやすくて良いです。でも読んだのが編訳版でよかったー まともなやつなら多分余計頭がごっちゃになったと思います。 ほぼあらすじだけをさらっとなぞってくれるので、流れがわかって、よいよい。 1つ1つの出来事を事詳しく表現してあったら面白いし味わい深くなるかもしれないけど 多分私の頭じゃ無理じゃろー(笑)
しかし出てくるのは年寄りとかおっさんが多いのだが、マンガではそこは若いぴちぴちのおにーちゃんとかになっているので見やすくてよいです。しわしわばっかり見てもねぇ(^^;
昨日下巻借りてきたので、明日は一気に読んでしまいましょう! 今週来週と読む本たっぷり借りてきたので、がんがん読むぞ~!

じゃあね。

2005/06/05

6/5「新刑事コロンボ」

録画していた『新刑事コロンボ 初夜に消えた花嫁』を見ました。 1992年のだったかな? コロンボがまだ若いです。いや十分おっさんなんですが(笑) この話は見たことあったなーでも折角録画したからと最後まで見ちゃいました。いつも犯人あっての推理なんですが、今回は途中までわかんなくて、珍しかった?
そうそう、原作がエド・マクベインだったの!水俣までJRを使って通勤していた時期が少しあって、その時に図書館にあったハヤカワ・ポケットミステリを片っ端から読んだことがあり、その中に彼の作品も何作がありました。(いーーっぱい書いてあるはずなんですが、蔵書が少ししかなかったのです)なかなか面白くてねー できればシリーズ物、全部読みたいくらいですが、図書館で揃えるのは無理でしょう。もちろん自分が買い揃えるのはもっと無理(^^;) で、解説の中に映画などの原作を書いているみたいなのを読んだのですが、映画を見る前に彼の原作と意識して見た映画は多分初めてです。約1日の話しなんだけど、面白かったー しかし、今では1日の話を何ヶ月にも渡って描く作品もあるのにね(笑) ただ、12.3年前の話だよね? 携帯電話と自動車電話はあったから。ただ、掛かってきた電話を録音する装置が異常に古かった気がします。 ホテルのドアを簡単に開けるのもびっくり。今ならドア穴を覗いたり、チェーンを架けたままでなければ簡単に開けないよね?違う? 警察の仕事にコンピューターとかハイテクが全然無いのも新鮮でした。 まぁコロンボには似合わないけどね。

あ、そうだ! 昨日見た『ミリオンダラー・ベイビー』ですが、エンドクレジットがが異常に短く感じました。最近の映画の流行であるCGとか特撮を全然使わなかったからだと思うの。短いのが新鮮で、そしてとってもよかったです。いつも最後まで座ってみているけど、長いのはほーーーんとつい眠ってしまうほど長くてねぇ。いいかげんにしてーーって思うの。まぁ字が読めないからだろうけど(笑)

今日は朝から洗濯とアイロン掛けして プールへ。 珍しく50分くらい浸かってました。それからドラックイレブンに行って、ダイヤモンドシティのツタヤへ。 うろうろして DVDを2本、100円だったので借りました。でもE.T.でもゴーストでもないの(笑) やっぱりタイミングだよー それからスーパーによって買い物して、図書館によって本を借り替えて帰ってきました。 腹へったー(笑) 2時ごろだったかな? そしてコロンボ見て、6時前まで2時間くらいぐーぐー昼寝してました。 休みの日に昼寝って幸せ感じるよねー

じゃあね。

2005/06/04

6/4「ミリオンダラー・ベイビー」

久しぶりに土曜に休みが取れた友達と映画に行きました。何にしようかなぁと考えたのですが、多分彼女とでなければ見に行かないだろうし、このチャンスを逃せば多分レンタルして見ることも無いだろうと思って『ミリオンダラー・ベイビー』を見に行って来ました。実はクリント・イーストウッドの前作『ミスティック・リバー』も彼女と見に行ったの。 なんたってアカデミー賞とったやつなので、ちゃんとハンカチ準備して・・・・ しかし、こんな話だったとは! 老トレーナーと女性ボクサーの話ってのは知っていたの。 でも タイトルマッチに挑戦した結果、それからの話しは全く知らなくて、あんな風に話が進んで行くとは考えてもいなかったの。 参ったなぁ。 とても良い映画だった。良い映画だったけど重かったなぁ。 クリント・イーストウッドのは重いのかなぁ。 でも思い切って見に行っててよかったです。
最初、ヒロインのマギーのサンドバッグを叩いているシーン、すごーく手打ちで、腰も入ってなければ足も使ってなくて、それでも3年もやってるって設定で あんた何やってたん?って思ったけど、それからフランキーの指導を受けてめきめきと上達して、KOばんばんとっていくのはすごかったねー でもなんで彼女はボクサーになろうと思ったのかな? なんで彼女の家族はあんなにどーしようもないヤツラなんだろう。 彼女が思い描いて、愛している父親も亡くなっているからきっとすごーく美化して記憶してるんだろーなーと思いました。 フランキーが娘に絶縁されているのは何でだろ? モーガン・フリーマンの手紙は受け取ってくれただろうか? フランキーはどうなったんだろう?
見終わった後、色々、色々考えちゃいました。
イーストウッドの若い頃の映画ってハードボイルドっぽくてちっとも見たことないんだなー。モーガン・フリーマンはすごく好きな役者さん。しかし年取ったなー なんだか顔が一回り小さくなった気がしました。

さて、昨日はねサッカーを見ようと思っていたのよ。0時15分からテレビでやるようだったので見ていたらいつまでたっても始らない! もーまるで世界陸上だよ! あったまにきて1時過ぎに寝てくれました。 で、夜中ふっと目が覚めたらまだやってたのでそこから見たの。後半12分過ぎくらいからかな? 既に1点取ってたよ。勝ってるよ! ひゃーびっくり。 それからは2点は取れそうな感じだったけど得点なし。 相手も取れそうで取れず、まぁ勝ってよかった。しかし3人も次は出れないの? 困ったねー
裏番組で刑事コロンボやっていたのはビデオに録画しました。 明日見るつもり。 好きなのよねーコロンボも。

マンガの『封神演義』読み始めました。今3巻。本と比べると色々と違うけど、でも上手にアレンジしてあると思うな。なかなかです。 昔読んだときより、出てくる人物に聞き覚えがあって、読みやすさがUPしてます。あ、図書館行ったけど下巻はまだ貸し出し中でした。予約は入れてきたのだ。いつ頃連絡あるかなぁ?

じゃあね。

2005/06/03

6/3「封神演義」読破

『封神演義 上 妖姫乱国の巻』(許仲琳 著・渡辺仙州編訳 偕成社)を読み終わりました。お話とはいえ、簡単に人を殺すことよのぅ。 女を怒らせるとすごーーーく怖いのだなってことがよーくわかりました。もとはといえば 商容が女媧にすがろうと思い、紂王が自分の傍らに侍らしたいなんて詩を書くから女媧を怒らして、そして悪の根源、妲己がやってきたんだよね。 しかし、なんとなくヒーローかなぁと思っていた哪た(漢字がない)も酷い奴。 これから良い奴になっていくのかなぁ?
読んでいると、十二国記が浮かんできました。 あぁ あのシリーズも早く次の巻が出てくれないかなぁ。 明日から土日になるので、多分本を読むのは休み。 替わりに上巻分マンガを読んでみようかなぁと思ってます。

あ、一番に書こうと思っていたのに思わず読み終えたもので書き損なっちゃってたけど、早朝の地震にはびっくりしたー 音が凄かったよね。 揺れは短くて、1回だけだったから大丈夫だったのだけど、それでもまた来るんじゃ?と思うとドキドキ。(でも寝ちゃったけど) また福岡じゃろか?起きたら弟にメール入れておこう、と思っていたら、なんとまぁ震源は天草? へーでした。まぁ被害が無かったようで(多分)よかったよかった。
それから会社で朝のシャッター開けをした直後から異変。 眩しい物を直視して 目に残像が残ったときのようになんかにじむの。 それも絵のぎざぎざの噴出しみたいな輪郭沿いがにじみ、尚且つ流れる文字のようにちらちらして上手く見ることが出来なくなっちゃって! 右目だけでも、左目だけでも同じ所にちらちらにじみがあり、目を閉じても残像みたいにちらちらして もーどうにかなっちゃうかと思いました。 ありがたいことに10分くらいで症状は消えたけど、なんだったのだろう? その後は気のせいからか微弱の頭痛がずーっとしてました。
なので定時に仕事を終え、帰ってマッサージチェアーに15分座り(笑)ラジオの時間までベッドで寝ていました。
今夜はサッカーあるので、今からお風呂に入ったら時間で仮眠しとこーかなー

じゃあね。

2005/06/02

6/2「封神演義」

とうとう『封神演義 上 妖姫乱国の巻』(許仲琳著・渡辺仙州編訳 偕成社)に手を出しました。 10年位前?(今見てきたら1996年11月ごろだった)ジャンプで藤崎竜さんのマンガで封神演義があったとき、途中までは読んだけどあまりの登場人物の多さにギブアップしてしまい、いつか通しで読もうと思いつつまだ未読だったのです。 図書館の新刊コーナーにこの本が並んだ時、児童書であるのと、挿絵が佐竹美穂さんだったこともあり、何回も手には取ったものの、借りそこなってました。 それが日曜日図書館に寄った時、ふらっと手にとって借りてきてしまいました。 このチャンスを逃すともう読むことは無いでしょうから勢いで読みます!
し、しかし覚悟はしていたけど なんで中国の昔の話ってこんなに次から次に人が出てくるんだー それも聞きなれない、似たような名前ばっか! 佐竹さんの挿絵が無きゃ、既にギブしてたかも(笑) たださすがに小学生から大人まで『封神演義』の決定版!と書いてあるように、難しくはありません。 がんばって読むぞーって感じ。今日読んだ所はまだマンガで読んだことある部分だと思うので余計読みやすかったのか? 全3巻を読み終わった暁には、マンガの全23巻にも挑戦しようと思っています。
一つ心配は、下巻が貸し出し中だったため手元にないこと。 土曜日に図書館に行く予定なので、その時に返されていることを祈ります。(無ければ予約してこなくっちゃ)

じゃあね。

2005/06/01

6/1「スピリット島の少女」

昨日、今日と読んだ本が『スピリット島の少女 -オジブウェー族の一家の物語-』(ルイーズ・アードリック著 福音館書店)です。図書館の児童の新刊コーナーにあった本で、なんとなく「大草原の小さな家」っぽかったのと、表紙裏の地図で借りるのを決。 「大草原の小さな家」っぽかったというのは大当たり。ローラ達が暮したのと多分あまり変わらない時期の、こちらの本は先住民が主人公になっていた本でした。 主人公の少女の名前はオマーカヤズ。「小さなカエル」って言う意味です。はじめて歩いた時、ぴょんと飛び跳ねたからだって。
中身はなかなか興味深くて面白かったです。でもなんだかなー 訳文のせいかしら? 話しがとぎれとぎれって感じで、ちょっと読みにくかったです。 生活が自然と密着していて、自然を敬い怖れを抱く心や、その自然を利用する知恵なんかはすごくよかったなー この時代の白人って本当に嫌な感じ。 たまたま今日の帰り道につけていたテレビで『私と小鳥と鈴と』(金子みすずさんの詩)の都城弁があっていたのですが 「みんな違ってみんないい」この精神が完璧にあの頃の白人には欠けていたと思います。 愛とか説く宣教師だってそう。自分らの考え、宗教、生活様式を押し付けることしかせず、自分たちと違う考え、宗教、生活様式を認めようとはしてなかったよねー。今はどーなのかしんないけど。 まぁ白人だけでなく、日本でも『月神の統べる森』(たつみや章著)のシリーズなんか読むとそれを強く感じるな。
えーと、帰りに聞いていたテレビですが、そうにほんごであそぼです。私、この番組とその前のピタゴラスイッチが大好き! 『にほんごであそぼ』では今までも『雨ニモマケズ』の方言バージョンがあったり、祇園精舎の朗読とかあって、お気に入りだったけど、今日は『私と小鳥と鈴と』の方言バージョンだったの。初めて聞きました。 都城弁、よかったーーー じっくりと見てみたいけど、(特にピタゴラスイッチのカラクリのやつ)家にいるときは何故かテレビをつけないのよねー 運転中なので専ら聞くばっかり。 でも学生の頃習った古典のフレーズや、のむらまんさいの張りのある声とか聞くと 嬉しくって! 1人で大声で朗読(?)しながら帰ってます。 人が見たらばーかばい、状態ですなー(笑)

じゃあね。

無料ブログはココログ