無料ブログはココログ

2017/06/22

6/22 「平台がおまちかね」

今日は平台がおまちかね』(大崎梢著 東京創元社)を読み終わりました。
03003521_1


多分昨日まともに昼休みが取れていたら昨日のうちに読み終わったはず。
「ようこそ授賞式の夕べに」で出てきた井辻くんのシリーズ、読む事が出来ました。
この本を読んでいると明林書房の営業なら楽しく仕事ができるんじゃないかい?なんて思ってしまいました。まだまだ新人君だけど頑張って仕事しているなぁ。でも思うのは地方の書店の厳しさ。
まぁ今では大手のチェーン店でもネット書店の勢いに押され、プラス活字離れで本が売れず大変そうなんだけどね。本は値引きがないからもっと地本の本屋さんで買わなきゃな、なんて思ってしまいました。でも私はほとんど図書館で済ましちゃう人だもんなぁ。ただマンガだけは買ってるよね。今はツタヤで買っているけどそれまでは違っていたのよ。ただしツタヤに変えたのは結局は本屋さんが閉店ちゃったから。あさひ書房、ファースト文庫、熊沢書店・・・・ 芸林書房。これは私が最初に利用していた本屋さん。毎月母が主婦の友、私は小学○年生を取っていて配達してもらっていたなぁ。たまに店に行くと余った付録をもらったり。余った付録の話はこの本にも出てきてとても懐かしかったです。5つの出来事が載っていました。続きの本も読みたいな。
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「自社本をたくさん売ってくれた書店を訪ねたら、何故か冷たくあしらわれ…、文学賞の贈呈式では、当日、会場に受賞者が現れない…!?新人出版社営業部員の井辻くんは、個性的な面々に囲まれながら、波爛万丈の日々を奮闘中。本が好き。でも、とある事情で編集部にはいきたくなかった井辻くんの、ハートフル・ミステリ。“出版社営業・井辻智紀の業務日誌”シリーズ第一弾。」となっていました。

じゃあね

2017/06/21

6/21 社内監査

昨日支社に入った監査、今日はうちの営業所に。来るって判っていたのにやっぱり間抜けな私は間抜けな、初歩的なミスを犯してしまって残念な結果に。
あーあ。トホホです。 
しかしまぁ忙しかった。 上司に子供が誕生し(男の子だったよ)休みを取ってらしたのと、何故か電話がいっぱい掛かり、イベントはあるし・・・・ひゃ~でした。 汗は出るしねぇ(笑)

ま、でもこれで1年は安泰だー

じゃあね

2017/06/20

6/20 「スペース・オペラ」

やっとスペース・オペラ 』(ジャック・ヴァンス・トレジャリー著  国書刊行会)を読み終わりました。

Index


読むのに時間が掛かってしまった。 読んでいるとものすごい眠気が襲ってきてしまってなかなか先に進まず・・・ 面白くないわけではないのですが・・・
タイトルの「スペース・オペラ」これっていわゆるスペ・オペとは違い、金持ちのおばちゃんが思いついて地球の崇高な芸術、オペラを宇宙の星星で上演し、そこの知的生物と文化交流を図ろうと宇宙船で旅立つのですが、、、、なかなか思ったようにはいかないとですねー 地球人と考え方もセンスも違うってのがまぁ当たり前といえばあたりまえなんだけどねー 
それから一番好きだったのは「海への贈り物」かな。ある星で鉱物採集をしている会社の人たちとそこの海に澄む魚のようなものと交流する話。ちょっと人間の身勝手な感じもするけどまぁ気にいりました。
残りの「新しい元首」「悪魔のいる惑星」「エルンの海」はぼちぼちかな。

内容(「BOOK」データベースより)では
「未知の惑星ルラールから来た“第九歌劇団”は素晴らしい演目を披露したあと、忽然と姿を消した…オペラの後援者デイム・イサベル・グレイスはその失踪の謎を解決するため、地球の歌劇団をひきいて様々な惑星をめぐる宇宙ツアーに乗り出すことを計画する。イサベル・グレイスならびに歌劇団の面々とともに宇宙船ポイボス号に乗り込んだのは、“第九歌劇団”を招いた団長にして宇宙船船長アドルフ・ゴンダー、音楽学者バーナード・ビッケル、イサベルの甥のロジャー・ウール、そして謎めいた美女マドック・ロズウィン。かくして波瀾万丈のスペース・オペラが開幕する―彼らを待ち受けるのは大成功か大失敗か大騒動か!?皆様予想どおりのヴァンス的展開となる傑作長篇と、ヴァンスを愛しつづけた名翻訳者・浅倉久志が選び抜いて訳した珠玉の中短篇四作を集成。 」となっていました。

和楽器版とのDVD。ゲットしてきたーー
お金払うとき気づいた。通常版で良かったのに・・・ 昨日なんと初回限定版を予約しちゃった。なので支払いが思って頼り3000円位高かったよ・・・・ あほ~
でもまぁいいかー 楽しもーーっと!

じゃあね

2017/06/19

6/19 DVD予約

21日に発売の「和楽器バンド大新年会2017東京体育館 -雪ノ宴・桜ノ宴-」のDVDを予約して来ました。
多分明日にはフラゲできるはず。
予約する気は無かったけど、Tポイントが2倍になるらしいので予約してみたのでした。
明日が楽しみ~

じゃあね

2017/06/18

6/18 父の日なので

リクエストにお応えして阿蘇方面へ出かけて来ました。
最初はまずすき家でまぜのっけ朝食。
以前からお勧めしていたのですが食べるチャンスがなかったようなので両親をまぜのっけ朝食の世界へご招待(笑)
といいつつ結局ご馳走してもらっちったけど(^-^ゞ 安さにびっくりしてました。 だから私が払いたかったんだけど(笑)
それし空港そばの買物するところに行って、そのあと俵山の萌の里へ
テレビでチラッと見たことはあったけど私は行くのは初めて。なのに中に入らず外でポケGOしてました。
そのままもう一つの道の駅風なところへ。
P11501461

P11501471


それから大観峰のそばのいつものとうもろこしやさんのある広場へ。
P11501611

やっぱりここに来たらとうもろこし食べなきゃね。250円。美味しかったーー
そのあと菊池方面へ。
20170618_203556


そうそう、菊池渓谷ってまだ地震の影響で入れないようなの。ショックーー

コッコファームへ向かったのだけど途中ものすごくアジサイがきれいなところがあったので車を停めてお散歩
20170618_203558


写真は普通のアジサイだけど、この手前に生えていたのは色がものすごく濃い紫で綺麗だったーー

コッコファームのあとはクレアにちょっと寄って時間調整して、小川のうなぎやさんでウナギをご馳走になって帰って来ました。

天気がよくてよかった、よかった。

じゃあね

2017/06/17

6/17 百均とラプラス

今日の目標は百均で会社のクリアファイルを買い揃えることとポケGOでラプラスをいっぱい捕まえること(笑)

会社の買い物は機能済ませるつもりだったのですが、希望の品が揃わなくてねー
最初行ったセリアに13個あったけどほしいのは20個。
ダイソーならあるべ?と思って夕方ダイソーに寄ったけど1つもなし。
なので今日、再度八代のセリアに行って13個ゲットしたあと何軒か百均の店をめぐり、結局はませんのセリアで残り7個を購入。
そのまま事務所に持っていって置いてきました。

ラプラスは熊本市内をピゴサ頼りにうろうろ。
結構捕まえる事が出来ました。そーそー、昨日の晩、金のコイキングをゲットしたのだーーーー
嬉しかったです。 赤のギャラドスが誕生しました。

明日は阿蘇方面へお出かけ。
早く寝なきゃ疲れが取れないぞ。

じゃあね

2017/06/16

6/16 「ぶたぶたの本屋さん」

あと少しだけ読み残しがあったので病院で読んでしまったのがぶたぶたの本屋さん 』(矢崎 存美著 光文社文庫)です。
26264793_1

ぶたぶたシリーズの14冊目の本のようです。私ははじめて読みました。
ぶたぶたというぬいぐるみがふつーーに生活しているシチュエーション。なんだこれ?って感じ。
ソフトバンクのCMの白戸家のおとうさんが犬なのにみんな突っ込まない、あれと一緒の感覚かな?
ブックカフェやまさきの店主がぶたぶたさんで、コミュニティFMで本を紹介するコーナーを持っていたりするのだけど、やっぱり違和感が・・・
カフェに来る人、ラジオを聴いている人なんかが主人公の連作短篇だったのですが、ちょっといまいちでした。
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「ブックス・カフェやまざきは、本が読めるカフェスペースが人気の、商店街の憩いのスポットだ。店主の山崎ぶたぶたは、コミュニティFMで毎週オススメの本を紹介している。その声に誘われて、今日も悩める男女が、運命の一冊を求めて店を訪れるのだが―。見た目はピンクのぬいぐるみ、中身は中年男性。おなじみのぶたぶたが活躍する、ハートウォーミングな物語。」となっていました。

じゃあね

6/16 「ハルさん」

昨日から今朝に掛けてハルさん』(藤野恵美著 東京創元社)を読みました。
51ahctdwbil_sx347_bo1204203200_

すごく良かった。人形作家のハルさんが奥さんに先立たれたあと幼稚園児の娘、風里、ふうちゃんを一生懸命育てていく話。 ふうちゃんの結婚式の日にハルさんが風ちゃんの子供の頃の出来事を思い出し、その思い出には謎解きが含まれているのだけど、どれも奥さんの瑠璃子さんとの心の会話によって解かれていくのよね。ほのぼのしていてとても良かったよ。
しかし人形作家というのも独特の職業だけど、その職業の人に育てられたふうちゃんも変わっている子だね。小4の時に一人で北海道まで行ったり(伯母さんがすんでいたのだけど)進学も結婚もハルさんに相談することなく一人で決めて行ったし。それに対してハルさんも反対することも詮索することもなく全てふうちゃんを信頼して認めていくなんてすごいわーー 私にはできないな。結婚相手の両親と会って挨拶は交わしているものの式当日まで新郎に会わずに結婚を許すんてすごかです。クライマックスのシーンではそれこそハルさんが子供の頃からのふうちゃんを走馬灯のように思い出していく。よかったね。映画を見ているようでした。
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「(瑠璃子さん…今日はね、ふうちゃんの結婚式なんだよ。まさか、この僕が「花嫁の父」になるなんて…)結婚式の日、ハルさんは思い出す、娘の成長を柔らかく彩った五つの謎を。心底困り果てたハルさんのためにいつも謎を解き明かしてくれるのは、天国にいる奥さんの瑠璃子さんだった―児童文学の気鋭が、頼りない人形作家の父と、日々成長する娘の姿を優しく綴った快作。」となっていました。

じゃあね

6/16 検診

本当はシーガイアに停まりに行くつもりで取った休み。でも予約に失敗したので今日は他の事でみっちりと。
まずいつもの血圧薬をもらいに病院へ。
次に図書館に行って、そのあと子宮がん検診へ。
イオンに行き父の日のプレゼントを買って、時間調整したあとヴィッツの6ヶ月点検へ。
それから父の日のプレゼントを持って水俣へ。
そして帰ってきたらもう20時でした。
風呂に入って今から熊本方面へラプラス採りにいきまーーす(笑)

じゃあね

2017/06/15

6/15 パ~イ~

やっとパイ、買えました。
18時半近かったので無理かな?と思ったけど残ってました。
迷ったけど買ったのはベイクドリッチチーズパイと牛タンボロネーゼの2切れ買いました。1180円。
20170616_072158

美味しかったです。
いつになるかわからないけど次はキーマカレーパイかな?
今日は売り切れていたので。

じゃあね

«6/14 「晩夏に捧ぐ」